1記事30分~1時間未満で情報発信のブログ記事を書くサクサク作業術

こんにちは、難波です。

 

今回読者さんから

「どうすればサクサクと記事更新が出来るんですか?」

というような質問を頂きました。

 

サクサクと記事を書くのは僕はとても大事なことだと思っていて

時間をかけて書いた記事よりも実は自分の考えがストレートに入るので

伝えたいことが伝わるし、読者さんにとっても分かりやすいと思うんですよね。

 

しかも、時間も短縮になるのでその点でも良いなと思っています。

 

今回はサクサクとブログを書くコツというかポイントについて紹介します。

 

サクサクとブログを更新するための前提

大体このブログの記事に関しては

1記事30分~長くても1時間未満で書いています。

 

まず大前提として体調が悪いとか疲れているとか

調子よくない時は頑張ってもなかなか記事が書けないので

ある程度フレッシュなのが前提になります。

 

そのうえで、そもそもサクサクと書けるタイプの記事と

サクサクと書くことが難しい記事があって、

サクサク書けるのはあくまでも自分の意見とか考えを書く記事です。

 

集客のためにSEO対策を行う記事に関しては

リサーチが必要なのでサクサクとは更新できません。

 

一方で自分の意見を書く記事だとか

メルマガに関しては時短が可能です。

 

今回のような記事もサクサク型の記事です。

 

要は、SEO対策を行う情報量重視の記事もあれば

持論を書く記事もあって、前者はリサーチが必要なので

サクサクは厳しい、後者であればいけるという違いです。

 

サクサクとブログを更新するためにはパソコンに座っていない時が勝負

では、どうすればサクサクと書けるのかというと

パソコンの前に座る前段階で記事ネタが既にある事が大事です。

 

パソコンに座ってからネタを考え始めても

何も浮かんでこないので記事は書けません。

 

日常生活の中で常にネタをストックする癖をつけましょう。

 

僕の場合、シャワーを浴びている時だとか

外を散歩している時だとか

「あ、これ記事ネタになるな」

「あ、これメルマガネタになるな」

というようなことが頭にふと降ってきます。

 

その時に、そのまま放置すると忘れるので

そのタイミングで即座にメモを取るのです。

 

もし、風呂場でアイデアが浮かんだ場合は

服を着る前に裸でやります。

 

そうじゃないと5分で終わるはずのものが

30分かかる可能性だってあるからです。

 

それくらい浮かんだ瞬間にメモを取るのは大事です。

 

特に、良い感じの言い回しだとかフレーズに関しては

後から思い出せない場合もあるので即座にメモしましょう。

 

僕の場合はパソコンのメモ帳に記事ネタストックを入れます。

 

そうすると、そういうネタが常時たくさんある状態になります。

 

僕自身は別にブログを更新していない時も

常にそのストックは増え続けているので、

常に「準備OK」になっているのです。

 

つまり、パソコンの前に座る段階で

書くネタがたくさんあるので、そのどれかを

採用して記事を書くということです。

 

ネタがおりてくるようにするためには読書量とか

インプットも大事なので趣味でたくさん

本を読むのがお勧めです。

 

そのうえでなるべく色々な人と関わったりして

情報を仕入れる癖をつけましょう。

 

ノウハウとかも気になるのがあれば

とりあえず投資しておきましょう。

 

マルチタスクをやめて一つの事だけに集中する

そして、記事を書く際には基本的に

同時並行で別の事を一切やりません。

 

ノンストップで全部一気に書き上げます。

 

そうすれば早ければ10分くらいで記事が仕上がります。

 

ただ、たまに記事がなかなか進まない時があって

そういう時は大抵マルチタスクをしています。

 

マルチタスクというのは同時並行で

二つ以上の作業をしているということです。

 

例えば、記事を書くという作業をしながら

脳内では別の仕事のことを考えているというのは

実質的にマルチタスクです。

 

だから超作業が遅くなるのです。

 

あるいは記事を書きながら

Youtubeを見ているとかもマルチタスクですね。

 

こうなると生産性は半端なく低下します。

 

だから、脳内の雑念を一切払って

記事を書くときは記事を書くだけやるのが大事になるのです。

 

LINEとか一切見ません。

全部無視します。

 

メールも一切見ません。

電話も一切出ません。

 

特に情報発信をしているとメールが作業中に

たくさん届いたりしますが、申し訳ないと思いつつ

お返事は後にしましょう。

(というか気が散らないようにメールソフト落としておきましょう)

 

とにかく作業の邪魔になるものは全部スルーしないと

劇的に遅くなります。

 

そのうえで、僕は数時間単位、

1日単位で同じ作業を一気にやります。

 

記事を書く日と決めたらその日は記事書きばかりやります。

 

記事を書いてその後にTwitterをしてまた記事を書いてとか

あれこれ交互にやると非常に遅くなります。

 

また、別のブログを行ったり来たりも遅くなります。

 

更新するときは同一ブログのみに力を注ぎます。

 

このブログもあまり更新していないですが、

更新する時は一気に2記事とか3記事更新します。

 

その理由はひとまとめで仕事をやるほうが早いからです。

 

で、仕事を早く終わらせると時間が余るので

サッカーの試合見たりゴロゴロ出来ますよね。

 

僕とかは基本的にサボりなのでゴロゴロ必須です。

だから、仕事は早く終わらせます。

 

ある程度ゆとりを持てるというのは基本的には

早く仕事が出来る、そのうえで仕組み化が出来るだとか

そういうのが大前提になるのです。

 

だからマルチタスクをやめるのが大事です。

 

脳内のネガティブな感情をとにかく消し去る

で、一番作業スピードが遅くなるのは

余計なことを考えたり、ネガティブな感情がある場合ですね。

 

パソコンの前に座るというのはそれだけで

脳内であれこれ考え事しやすい状態であり、

感情に何か問題があるとそれだけで作業が滞ります。

 

もし、今からブログの記事を書こうとしている時に

嫌いな人と口げんかした時の事とか思い出すと

当然ですが仕事どころじゃなくなります。

 

しかし、これと同じようなイメージで

ネガティブなコトが頭に浮かんだりして何も捗らないとか

油断すると普通に起こります。

 

だから、感情を良い状態に保つ

メンタルマネジメントも大事です。

 

一番ダメな感情は怒りと不安ですね。

 

誰かにイラついたり、不安とかで心がいっぱいになると

仕事どころじゃなくなりパソコンの前で脳内浮遊するだけで

1時間終了とかになってしまいます。

 

この辺は怒りを感じる時点で心が乱れているので

きちんと心を整えて良い感情を維持しないとダメです。

 

感情が乱れている場合はビジネスよりも前に

カウンセリングとかそういうので心を先に整えるのが

むしろ大事だと思います。

 

僕が知っている範囲の話をすると、稼いでいる人ほど

コーチをつけたりカウンセリングを受けています。

 

これはストレス耐性次第ですが、ネットビジネスで稼いでいたりするとそれだけ

関わる人数が増えて色々な人の気を受けたりするからです。

 

月収1000万クラスの人がコーチとカウンセラーを

合わせて3人つけているとか普通にあります。

 

コーチングは自己分析をしたり自分の内面を深堀していくことで

前向きにマインドを活かしていくために使うイメージで

カウンセリングは不安とか怒りとか被害者意識とか罪悪感とか

加害妄想とかそういうネガティブな感情を消すのに活用するイメージです。

 

マイナス思考の場合はカウンセリングですし

自己分析だとか悩みを消してスッキリして前向きにというのは

コーチングというイメージが近いです。

 

早くブログの記事を更新する方法 まとめ

良いメンタルでシングルタスクをして

アイデアが浮かんだ時に浮かんだ瞬間にメモを取れば

基本的に作業スピードはアップします。

 

以下の点をしっかり実践してみてくださいね!

 

・ネタを仕入れる癖や習慣がない

  → 読書なり人に会うなりネタを増やす

 

・感情コントロールが出来ていない

  → 不安とか怒りがある場合はちゃんと消し去る

  → 自力で難しい場合はカウンセリング等を活用

 

・マルチタスクをしない

  → シングルタスクになるよう一つの事に集中する

 

ぜひ参考にしてみてください。